teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


12B4Aの真空管モデル

 投稿者:JA2DHC  投稿日:2013年10月31日(木)14時50分43秒
返信・引用
  ここ数ヶ月、低電圧動作の真空管ヘッドアンプ作りにはまっています。
ところが、20V程度の動作では、シミュレーションのDC結果が
実機とはかなり異なるので気になっていました。バイアスを変えて
実機と同じプレート電流が流れるようにしてやれば、そこそこの
AC解析ができますので、やっていましたが、やっぱりDC
シミュレーション特性も実機と同じになってほしいので、Ep-Ip
特性を実測し、真空管モデルを作り、よい結果が得られましたので、
以下の私のブログに報告しておきました。
http://ja1cty.at.webry.info/201310/article_5.html

ヘッドアンプ自体の報告は以下です。
http://ja1cty.at.webry.info/201310/article_4.html
 
 

DR-100mkIIで録音した2GB超のファイルの結合

 投稿者:Ayumi  投稿日:2013年10月26日(土)14時25分27秒
返信・引用
  > No.1593[元記事へ]

添付の図は、Audacityで結合中の波形です。
欠落なく結合できていると思います。
 

Re: UL Plate Characteristic Comparison

 投稿者:jazbo8  投稿日:2013年10月26日(土)01時23分23秒
返信・引用
  Ayumiさんへのお返事です。

> Here is the plate characteristics of 6550A in UL (black line) and triode (red line) connection from the datasheet by GE.
> When Eb=450V, Ec2 also equals 450V (blue line), so this condition is the same as triode connection.
> Ib of triode connection is Ib + Ic2 and the ratio of Ic2 to Ib is 44:455
> (from pentode characteristics).
> When Ec=-30V, Ib of triode connection is 280mA (point A),
> so the Ib of UL should be 280 * 455 / (455 + 44) = 255mA (point B).
> On the other hand, Ib of UL on the datasheet is 215mA (point C)
> and this value is too low in comparison with point B.
> So the GE's UL characteristics is suspicious.
>
> My pentode model is based on the triode characteristics.
> So the characteristics curve of UL connection by my model
> should pass through the point B.

Thanks for taking the time to review the 6550A datasheet and the explanation, it makes perfect sense now. So there is something not quite right about the GE datasheet, I will look at some other ones to see if they are any better.

Thanks,
Jaz
 

Re: UL Plate Characteristic Comparison

 投稿者:Ayumi  投稿日:2013年10月25日(金)23時22分15秒
返信・引用
  > No.1597[元記事へ]

Here is the plate characteristics of 6550A in UL (black line) and triode (red line) connection from the datasheet by GE.
When Eb=450V, Ec2 also equals 450V (blue line), so this condition is the same as triode connection.
Ib of triode connection is Ib + Ic2 and the ratio of Ic2 to Ib is 44:455
(from pentode characteristics).
When Ec=-30V, Ib of triode connection is 280mA (point A),
so the Ib of UL should be 280 * 455 / (455 + 44) = 255mA (point B).
On the other hand, Ib of UL on the datasheet is 215mA (point C)
and this value is too low in comparison with point B.
So the GE's UL characteristics is suspicious.

My pentode model is based on the triode characteristics.
So the characteristics curve of UL connection by my model
should pass through the point B.
 

Re: UL Plate Characteristic Comparison

 投稿者:Ayumi  投稿日:2013年10月24日(木)23時57分58秒
返信・引用 編集済
  I can reproduce the plot for 6550A, but for 6L6 I can't.
There might be inconsistency between triode characteristic and UL characteristic for 6550A in the GE datasheet.
I don't have enough time to explain that, so please wait until this weekend.
 

UL Plate Characteristic Comparison

 投稿者:jazbo8  投稿日:2013年10月24日(木)02時32分11秒
返信・引用
  Ayumi,

Please disregard my questions on the UL characteristic curves, I reboot my pc and for some reason, everything is working as it should now... Sorry to bother you, should have figure it out earlier...

Jaz

https://dl.dropboxusercontent.com/u/1326040/6L6GC_UL.png

 

Re: 回答をありがとうございます。

 投稿者:Ayumi  投稿日:2013年10月23日(水)22時19分6秒
返信・引用
  reiさん

確かに、取説にはっきりと書いてはないようです。
製品の機能一覧にある、
・録音を継続したまま、あらかじめ設定した最大ファイルサイズやアナログ入力レベルによって、自動的にファイルを更新するオートトラックインクリメント機能
が該当する機能だと思いますが、「録音を継続したまま」ではわかりにくいですよね。
 

回答をありがとうございます。

 投稿者:rei  投稿日:2013年10月23日(水)09時06分17秒
返信・引用
  Ayumi様
回答ありがとうございます。
分割されても情報は欠落しないとわかり、購入への不安が払拭されました。
取説をダウンロードして複数回目を通したのですが、該当箇所を見つけられず、こちらに相談しました。
今一度確認してみます。
 

Re: DR-100MK2での録音について

 投稿者:Ayumi  投稿日:2013年10月22日(火)14時09分18秒
返信・引用
  取説をメーカーサイトからダウンロードできると思いますが、ファイル分割されても情報は欠落しません。
2時間を超える番組は、Audacityで結合しています。

多分、DR100mkIIがセンシティブなのだと思いますが、時々DIN unlockというエラーがでて止まってしまうので、DR100でアナログ録音もしています。
大体朝に起こるので、電波を受けているCATVの問題かも知れません。
 

6L6GC UL Curves

 投稿者:jazbo8  投稿日:2013年10月21日(月)17時59分1秒
返信・引用
  I have the same problem with the 6L6 UL characteristic curves using the g.plate.UL function. The curves are far off from the scaned curves (found at audiomatica).

https://dl.dropboxusercontent.com/u/1326040/6L6GC_UL.png

 

DR-100MK2での録音について

 投稿者:rei  投稿日:2013年10月21日(月)11時41分26秒
返信・引用
  はじめまして。
FPGAチューナーの信号を同軸出力に変更し、DR-100MK2でデジタル録音しようと考えていたところこちらを知りました。

DR-100MK2の1ファイルサイズは2GBに制限されていますが、2GBで分割されたファイルを連結する場合、つなぎ目での音切れなどなく連結できるのでしょうか。

たとえばクラシックのライブ放送で、演奏の途中でファイルが分割された場合、問題なく連結できるのでしょうか。

(ファイルは一端PCに取り込み、音声編集用ソフトで開き連結する予定です。)

長時間録音されているようで、ご教示いただきたく投稿いたしました。
 

UL Plate Characteristic Comparison

 投稿者:jazbo8  投稿日:2013年10月19日(土)18時51分6秒
返信・引用
  I tried to plot the UL characteristic for the 6550A, but the result looked quite different from the GE datasheet, below is the code that I used, did I do something wrong?

===
p <- t6550AT
Ep <- seq(0, 700, by=2)
Eg <- seq(0, -60, by=-10)
Ep0 <- Eg2 <- 450
r <- 0.4
ip <- touter(function(p, ep, eg) {
    eg2 <- Eg2 + (ep - Ep0) * r
    Ipp(p, ep, eg, eg2)
}, p, Ep, Eg)
g.plate(ip, 1000, 1000, 0.5)

Thanks,
Jaz

https://dl.dropboxusercontent.com/u/1326040/6550A_UL.png

 

Re: Posting SPICE Models Online

 投稿者:Ayumi  投稿日:2013年10月16日(水)20時24分32秒
返信・引用
  > No.1568[元記事へ]

The plot you mentioned is drawn by the g.grid function.
g.dynamic has almost same functions as g.grid does, but required data format is different.

Ep <- c(100, 170, 200, 250)
Eg <- seq(0, -20, len=101)
ip <- touter(Ip, t12AU7, Ep, Eg)
g.grid(ip)
g.dynamic(Eg, t(ip))

I forgot why there are two similar functions.
 

Re: Posting SPICE Models Online

 投稿者:jazbo8  投稿日:2013年10月16日(水)05時51分15秒
返信・引用
  > No.1567[元記事へ]

Ayumiさんへのお返事です。

> Of course, I'm glad to assist you to translate my documents.
>
> http://ayumi.cava.jp/book/models.pdf gives the explanation to make tube and transformer models for spice.
> This may be the most useful document.

Great! I am traveling in the next few weeks, but when I get home, I will send you what I have translated so far, so you can edit or make some comments on the document.

Also, I don't know how I missed it earlier, but I can't seem to figure out how to generate the transfer characteristic plot, I tried the g.dynamic function, but kept getting x, y must have the same number of rows error... Must enter the wrong commands or overlook something :-(

Thanks,
Jaz

http://ayumi.cava.jp/audio/pctube/node4.html#fig:12AU7_eg_ip

 

Re: Posting SPICE Models Online

 投稿者:Ayumi  投稿日:2013年10月15日(火)21時48分11秒
返信・引用 編集済
  > No.1565[元記事へ]

Of course, I'm glad to assist you to translate my documents.

http://ayumi.cava.jp/book/models.pdf gives the explanation to make tube and transformer models for spice.
This may be the most useful document.  
 

Re: Posting SPICE Models Online

 投稿者:jazbo8  投稿日:2013年10月13日(日)02時41分53秒
返信・引用
  > No.1558[元記事へ]

Ayumiさんへのお返事です。

> It is OK to post the models you created provided that the comment lines are intact.
> It will be better to post the data with which the models are created.

Will do, thanks for your kind permission. Also, would it be ok to translate a few of your web pages on the SPICE model creation, so the English speakers can better appreciate your great work?! Here is the thread at diyaudio where we will be discussing and posting the tube SPICE models.

Best,
Jaz

http://www.diyaudio.com/forums/tubes-valves/243950-vacuum-tube-spice-models.html

 

Re: Posting SPICE Models Online

 投稿者:Ayumi  投稿日:2013年10月11日(金)21時32分9秒
返信・引用
  > No.1552[元記事へ]

It is OK to post the models you created provided that the comment lines are intact.
It will be better to post the data with which the models are created.
 

Posting SPICE Models Online

 投稿者:jazbo8  投稿日:2013年10月 9日(水)21時33分28秒
返信・引用
  As advised by ja2dhc, I just want to make sure that it is ok to post the models in pctube provided that the first three lines of the SPICE code remain in place, since the models are copyright material created by you. I would like to get more people to use your accurate models!

Thanks,
Jaz
 

Re: GU50/FU50真空管モデル

 投稿者:JA2DHC  投稿日:2013年10月 7日(月)17時45分58秒
返信・引用
  > No.1550[元記事へ]

アメリカの掲示板で要望がありましたので、GU50/FU50の5極管接続の
モデルを作りました。作成条件は以下です。

Ep-Ipデータは、以下のサイトに置いてあった実測データのGU50.xls です。

http://www.next-tube.com/data.php

5極管接続時のIpとG2電流の比率とrpは、旧ソ連のメーカー規格表から
取りました。

モデルは、以下の私のHPに掲載しておきました。

http://ja1cty.servehttp.com/RADIO/TINA/
 

GU50/FU50真空管モデル

 投稿者:ja2dhc  投稿日:2013年10月 7日(月)00時53分22秒
返信・引用
  アメリカの掲示板を見ていたら以下に真空管モデルがおいてあるとのことでした。
ダウンロードして、GU50(FU50)三結をTINAに組み込んでみましたら、
修正無しですんなりと動きました。ロシア球が含まれているので便利です。

グリッド電流も考慮したモデルのようです。

http://www.next-tube.com/zip/PSlib.zip

 

Re: 低電圧動作真空管ヘッドアンプ

 投稿者:ja2dhc  投稿日:2013年 9月30日(月)08時34分26秒
返信・引用
  > No.1547[元記事へ]

AyumiさんResありがとうございます。

> パルスによる測定のようですが、

後ろの方の三つのグラフにはτ=2μsの記述がありますので、パルス測定
でしょうね。

> A単位のプレート電流やグリッド電流の領域までの特性が示されており、
> 相応タフな球のようです。

同じような特性を示すと言われている5687の規格表を以下で見てみました。

http://www.mif.pg.gda.pl/homepages/frank/sheets/127/5/5687WA.pdf

こちらの規格表では、前文で球の用途が書かれています。工業用や軍用と
書かれていて耐震も配慮されていると書いてあります。5687の
Ep-Ip曲線でもグリッド電流がAの領域まで目盛が書いてあり、6N6
の特性表と似た表記方法です。おそらく6N6も同じ用途のために開発
された球でしょう。事実、耐震特性はたいしたもので、6N6をつまはじきに
してもマイクロフォニックノイズは出ません。

特性は似ていても6N6と5687の外観構造/ピン接続は異なっています。




 

Re: 低電圧動作真空管ヘッドアンプ

 投稿者:Ayumi  投稿日:2013年 9月29日(日)13時38分16秒
返信・引用 編集済
  > No.1546[元記事へ]

データシートを見てみましたが、特性曲線の間隔が一定ではなく、
適当に線を引いたような感じですね。

パルスによる測定のようですが、
A単位のプレート電流やグリッド電流の領域までの特性が示されており、
相応タフな球のようです。
 

Re: 低電圧動作真空管ヘッドアンプ

 投稿者:ja2dhc  投稿日:2013年 9月27日(金)21時14分24秒
返信・引用
  > No.1545[元記事へ]

> メーカー発表のグラフから読み取って真空管モデルを作り直してみようかと
> 思い始めました。

自己Resです。以下のEp-Ip曲線からモデルを作りなおしました。前よりも
実機に近くなりましたが、まだ少しの差異があります。でも、今回のような低電圧
の領域で、これだけ実機にせまるシミュレーションができるのはスゴイと思いました。

  今回のモデル作成のEp-Ip曲線を使ったデータシート
  http://www.mif.pg.gda.pl/homepages/frank/sheets/113/6/6N6P.pdf

モデルは、以下の私のホームページに掲載しておきました。

http://ja1cty.servehttp.com/RADIO/TINA/tube-model.html
 

低電圧動作真空管ヘッドアンプ

 投稿者:JA2DHC  投稿日:2013年 9月27日(金)13時50分13秒
返信・引用
  低電圧動作真空管ヘッドアンプ第2弾が完成しました。アンプ全体の説明は
以下のブログに書いておきました。

http://ja1cty.at.webry.info/201308/article_1.html
http://ja1cty.at.webry.info/201309/article_6.html

12B4Aを使い、電源電圧15V動作の前回に比べ、今回は
6N6パラレルを34Vで動作させています。以下に今回の
ヘッドアンプの動作をシミュレーター結果と実機を対照させ以下に
一覧にします。


電源電圧: 34V
プレート電流: 5mA
バイアス電圧: 0.33V(実機)/0.8V(シミュレーター)
THD(1Vrms 400Hz):  4.9%(実機)/3.9%(シミュレーター)
電圧ゲイン: 5倍(実機)/4.4倍(シミュレーター)

以上より、前回よりも実機とシミュレーターの差異が大きいように思います。
真空管モデルの元データとして、ロシアのサイトに実測のEp-Ip測定結果
が出ていましたので、それをパクッたのですが、誤差が大きいようです。
メーカー発表のグラフから読み取って真空管モデルを作り直してみようかと
思い始めました。
 

Re: UL Plate Characteristic

 投稿者:jazbo8  投稿日:2013年 9月13日(金)02時06分10秒
返信・引用
  > No.1533[元記事へ]

Ayumiさんへのお返事です。

> The real plate load line is not straight, because of screen grid current.
> On virtual Ep-Ip* plane (Ip* = Ip + b * Ig2, red dashed line),
> the virtural load line would be straight.
> Your load line by throughline corresponds to dasshed line
> and your points are for real plate current,
> so the load line and points are not coincident.

> In designing the circuit, you should use virtual Ep-Ip* and the virtual load line
> and the power output is determined by this virtual load line.

Thank you again! Yes that's what I was trying to plot - the virtual load line, since a small part of the output power also comes from the screen grid when in UL mode. Without your help, I don't think I could ever figure it out! pctube is such great program, there are so many tasks you can do with it, just wish I know how to use it better.

Thanks,
Jaz
 

Re: UL Plate Characteristic

 投稿者:Ayumi  投稿日:2013年 9月12日(木)21時03分56秒
返信・引用 編集済
  > No.1524[元記事へ]

The real plate load line is not straight, because of screen grid current.
On virtual Ep-Ip* plane (Ip* = Ip + b * Ig2, red dashed line),
the virtural load line would be straight.
Your load line by throughline corresponds to dasshed line
and your points are for real plate current,
so the load line and points are not coincident.

Here is the code to draw virtual and real load lines.

p <- tKT66T

Ep <- seq(0, 700, by=2)     # plate voltage
Eg <- seq(0, -70, by=-5)    # control grid voltage
Ebb <- 360                  # supply voltage
b <- 0.5 # screen tap ratio
ip <- touter(function(p, ep, eg) {
    eg2 <- Ebb + (ep - Ebb) * b
    Ipp(p, ep, eg, eg2)
}, p, Ep, Eg)               # plate current (matrix of Ep x Eg)
ig2 <- touter(function(p, ep, eg) {
    eg2 <- Ebb + (ep - Ebb) * b
    Ig2(p, ep, eg, eg2)
}, p, Ep, Eg)               # screen grid current (matrix of Ep x Eg)

g.plate(ip, 700, 3000, Ipmax=0.2)
matlines(Ep, ip + ig2 * b, lty=2, col="red")

Eg0 <- -25
RL <- 3.5e3
ei <- c(-Eg0, 0, Eg0)
z <- trans.se(p, ei, Ebb, Eg0, RL, rUL=b)    # in UL, you don't have to specify Eg2, Eg2 <- Ebb

# virtual load line which corresponds dashed red line
vip <- z$ip + z$ig2 * b     # virtual plate current
throughline(z$ep[2], vip[2], -1/RL, col="blue")
points(z$ep, vip, col="blue", pch=19)

# real plate load line which corresponds solid red line
points(z$ep, z$ip, col="darkgreen", pch=19)
ei <- seq(-Eg0, Eg0, len=101)
z <- trans.se(p, ei, Ebb, Eg0, RL, rUL=b)
lines(z$ep, z$ip, col="darkgreen")

In designing the circuit, you should use virtual Ep-Ip* and the virtual load line
and the power output is determined by this virtual load line.
 

Re: UL Plate Characteristic

 投稿者:jazbo8  投稿日:2013年 9月12日(木)00時21分44秒
返信・引用
  > No.1524[元記事へ]

jazbo8さんへのお返事です。

Sorry, forgot to post the codes I used, the load line is just with the throughline command...

===
y1 <- trans.se(tKT66T,ei,Ep0,Eg0,RL,Eg2,rUL=0.5)$ip[1]
y2 <- trans.se(tKT66T,ei,Ep0,Eg0,RL,Eg2,rUL=0.5)$ip[2]
y3 <- trans.se(tKT66T,ei,Ep0,Eg0,RL,Eg2,rUL=0.5)$ip[3]
x1 <- trans.se(tKT66T,ei,Ep0,Eg0,RL,Eg2,rUL=0.5)$ep[1]
x2 <- trans.se(tKT66T,ei,Ep0,Eg0,RL,Eg2,rUL=0.5)$ep[2]
x3 <- trans.se(tKT66T,ei,Ep0,Eg0,RL,Eg2,rUL=0.5)$ep[3]
 

Re: UL Plate Characteristic

 投稿者:jazbo8  投稿日:2013年 9月12日(木)00時18分40秒
返信・引用
  Ayumiさんへのお返事です。

> Here is the code.

Thank you! What would be the correct way to draw the load line? When I tried using trans.se to mark the the interceptions for -Eg0 and +Eg0, they are little off from the UL curves...

For example:
https://dl.dropboxusercontent.com/u/1326040/KT66_UL.jpg

Thanks,
Jaz

http://ayumi.cava.jp/audio/ULKF/img10.png

 

Re: UL Plate Characteristic

 投稿者:Ayumi  投稿日:2013年 9月11日(水)19時47分19秒
返信・引用
  > No.1522[元記事へ]

Here is the code.

p <- t6L6T                  # tube parameter

Ep <- seq(0, 500, by=2)     # plate voltage
Eg <- seq(0, -50, by=-5)    # control grid voltage
Ebb <- 250                  # supply voltage
b <- 0.43                   # screen tap ratio
ip <- touter(function(p, ep, eg) {
    eg2 <- Ebb + (ep - Ebb) * b
    Ipp(p, ep, eg, eg2)
}, p, Ep, Eg)               # plate current (matrix of Ep x Eg)
ig2 <- touter(function(p, ep, eg) {
    eg2 <- Ebb + (ep - Ebb) * b
    Ig2(p, ep, eg, eg2)
}, p, Ep, Eg)               # screen grid current (matrix of Ep x Eg)

g.plate(ip, 600, 3000, Ipmax=0.15)
matlines(Ep, ig2, lty=1, col="darkgreen")
matlines(Ep, ip + ig2 * b, lty=2, col="red")

A little trick in this code is the first argument of the function 'touter'.
Here, temporary function definition is used (like lambda function in LISP).
In this temporary function, eg2 is calculated corresponding to the change in
plate voltage.

> Why is there no hump in the resultant curves (red-dotted lines) since it is calculated as Ip + Bsg*Ig2.

There is a little hump but not outstanding.
Bsg is b in the program above.
 

UL Plate Characteristic

 投稿者:jazbo8  投稿日:2013年 9月10日(火)19時25分41秒
返信・引用
  How is the plate plus screen current curve plotted? Why is there no hump in the resultant curves (red-dotted lines) since it is calculated as Ip + Bsg*Ig2.

Thanks,
Jaz

http://ayumi.cava.jp/audio/ULKF/img10.png

 

レンタル掲示板
/22