投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


五条

 投稿者:外村恵三メール  投稿日:2013年12月18日(水)02時14分37秒
  あらためて 親父からもらった (高山義三 80年の生涯)の本を見ますと

申し訳御座いません 冒頭に 乾物屋(大友)さんの西隣とあります

と言う事は北側ですね!

先程触れました昭和14年の商店街一覧表でもそこは(ヒヂ
ジゲン呉服店)(八木小間物化粧品)になていますね!

既に中村さんの家はありません!
書かれている通りに面した店舗は人に貸し 敷地の広い場所に 洋館云々はどうなるのでしょうか! 北側は疎開にもなっていませんね!となると建物が残ると思いますが!!

教えて頂けるでしょうか

宜しくお願いします
 
    (管理人 チュー) 私のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。小田垣荒物店(南側)さんはよく覚えています。大きなお店で、子供の時に、何回か井戸の釣瓶縄を買いに行ったことがあります。五条商店街は、東と西とで小学校の学区が違っていました。私の実家は西町(にしちょう)北側で、今もあります。大きなお店は、西町よりも東町(ひがしちょう)のほうにありました。小田垣さんをはじめ、乾物の大友(だいとも)さん、薬局の大忠(だいちゅう)さんなどです。同和鉱業社長になられた久留島秀三郎氏は、大忠さんの主人・中野忠八氏の弟さんで、ボーイスカウト運動の縁で、久留島家へ婿養子に入られたと聞いています。高山義三氏の自叙伝 「わが八十年の回顧」 は以前にご子息の 高山寛氏 から送ってもらって、今も持っています。高山義三氏の実家・中村家は、戦後に薬局を経営していました。現在の地図を見ますと、その場所は秀峰閣というホテルになっています。京都在住時の思い出は、私のホームページの「今昔ばなし」 と 「野菜ワールド」 の両方に書いています。お読みくださってありがとうございます。  

五条商店街の事

 投稿者:外村恵三メール  投稿日:2013年12月18日(水)01時43分43秒
  小生三男で女房の姓を継いでいますが 旧姓は小田垣です

中村栄助さん 高山義三さんの話興味深く読ませていただきました

小田垣も五条大橋東の五条商店街の店舗でした

手元に昭和14年の五条商店街の南北の商店街の一覧表がありますが(大橋~大和大路)

小田垣は南北に本家小田垣荒物店(南)分家小田垣金物店でした

ご存知の様に疎開で南側の本家は撤去されました

小生は分家小田垣理一郎(明治30年生)の三男です

長兄小田垣祥一郎はやはり聖ヨハネ幼稚園 修道小学校です 昭和11年生まれです

子供時代から親父 あばはん(親父の姉さん)から 中村栄助 高山義三の話は良く聞いていました

ご実家と近いと思うのですが 小田垣の事は覚えておられるでしょうか!!

この7月 お袋(大正2年生)享年101歳で亡くなりました

家の整理していますと 中村栄助さんからの葉書が見つかりました

内容は(西洋料理会のお誘いです 小松谷別荘で ケレー夫人出席とあります

小生は 中村さんの家は 高山さんと同じく馬町と思っていましたが!!

読まして頂きますと 五条通りとありますが!!

手元にある商店街のどのお店に当たるのでしょうか!!

又ご実家はどこに当たるのでしょうか!!

教えて頂くと有難いです

この商店街から著名な人が出ていると着ています

同和鉱業の久留島元社長もと聞いています!!

宜しくお願いします
 

許諾のお願の件

 投稿者:加賀利彦メール  投稿日:2013年12月 1日(日)13時44分53秒
  誠に申し訳ありませんが私は岩手県一関市で長年肥料商を営んでおります加賀利彦と申します。長年ボランテアで家庭菜園や農家に野菜の作り方を教えております。本日先生のこのページに出会いまして野菜類のことで非常に参考になりました。今回は根菜類のことでチュ-さんの掲示板につきました。野菜の根の張り具合の図を講義に使わせていただくまた来歴や種類のことをプリントアウトいたしましたが内容を紹介したいとおもっております。先日電子メールの立ち上げに失敗して現在パソコンのメールアドレスがありますが受信できません。近日中に修復しますのでよろしくお願い申しあげます。
 
    (管理人 チュー) 私のホームページの一部をプリントして、特定の範囲の受講者に、教材として配布されるのは差し支えありません。ただし、「チューさんの今昔ばなしと野菜ワールド」からの引用と明記し、ホームページアドレスも書き加えてください。  

引用の一部表記変更

 投稿者:シンサンメール  投稿日:2013年 8月 7日(水)11時15分37秒
  6月にメールした「シンサン」です。27種類の野菜ですが引用にあたって「ダイコン」を「野ダイコン」または「浜ダイコン」との表記は可能でしょうか。また、オニユリ、コオニユリ、ヤマユリをユリ類と表現することはいかがでしょうか。全項目の紹介が紙面の都合上難しく、よろしくお願いします。

 
    (管理人 チュー) 「ダイコン」を「野ダイコン」または「浜ダイコン」との表記すること、オニユリ、コオニユリ、ヤマユリをユリ類と表現することは、そちらの紙面の都合などもあることでしょうから、別段差支えないと思します。
ダイコンについては、ハマダイコンは分類学者によって野生のダイコンに使われている名称です。野ダイコンは俗称だと思います。
この件について、新聞名をまだ通知していただいていません。お知らせください。
 

表記の変更は可能ですか

 投稿者:シンサン  投稿日:2013年 8月 6日(火)15時27分13秒
  6月にメールした「シンサン」です。紙面化が27種類の野菜ですが引用にあたって「ダイコン」を「野ダイコン」または「浜ダイコン」との表記は可能でしょうか。また、オニユリ、コオニユリ、ヤマユリをユリ類と表現することはいかがでしょうか。全項目の紹介が紙面の都合上難しく、よろしくお願いします。  

ありがとうございました

 投稿者:ともひろメール  投稿日:2013年 7月31日(水)08時57分42秒
  お返事ありがとうございました。
ミニニンジンの芽がいっぱい出ました。
がんばって育てます。

ぼくの広島のおじいちゃんはチューさんの1つ上です。
今昔ばなしを見て、わからないことが多かったけど、
おじいちゃんの子どもの頃のことがわかりました。

暑い毎日ですが、お体には気を付けてください。
 

初めまして

 投稿者:Min、ともひろメール  投稿日:2013年 7月23日(火)11時09分31秒
  初めまして。
広島のMinと申します。
子どもが夏休みの宿題で野菜の種類を調べていて、
最初は図鑑などで調べていましたが、
根菜類のところで行き詰ってしまい、
ネットで調べていたら、このホームページにたどり着きました。
説明がとてもわかりやすく、勉強になりました。
分類表を参考にして、子どもなりにまとめようとしております。
参考資料としてこのホームページを書かせていただいてもよろしいでしょうか。
(Min)

はじめまして。
ぼくは夏休みの宿題で、ミニニンジンとラディッシュを育てています。
かんさつ記録のほかに野菜について調べています。
このホームページを見たら、野菜のことがたくさんのっていて、
参考になりました。
ありがとうございました。
暑い日が続きますが、お元気でいてください。
(ともひろ)
 
    (管理人 チュー) 私のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。お子達の宿題を提出されるときに参考資料の一つとして私のホームページ名を記載されるのは差し支えありません。暑い時期にニンジンやラデッシュを育てるのは難しいことですが、よく観察して育ててください。  

(無題)

 投稿者:hk  投稿日:2013年 6月23日(日)03時10分15秒
  遅くなりましたがご返答ありがとうございました  

新聞記事への引用は可能ですか

 投稿者:シンサンメール  投稿日:2013年 6月14日(金)07時08分2秒
編集済
  ある新聞の記者でシンサン(仮名)といいます。野菜について調べていましたら、「野菜はどこから来たの?」のページに出会いました。そこで日本原産の野菜として、27種あげておられますが、記事への引用は可能ですか。その場合、「チューさんの野菜ワールド」からの出典ということでよろしいでしょうか。
伝統野菜・地方野菜(固定種)を育てて見ませんかという企画の段階です。
 
    (管理人 チュー) シンサン様。
日本原産の野菜についての記事への引用は差し支えありません。その際、ホームページ「チューさんの今昔ばなしと野菜ワールド」からの引用と記載してください。掲載された後、管理者へのメールで新聞名・掲載日付けなどをお知らせください。
 

はじめまして

 投稿者:technote  投稿日:2013年 6月 8日(土)00時09分34秒
  ドッジデフレを調べていてチューさんのページにたどり着きました。
すばらしい記述に感動して、思わず書き込みさせていただきました。

各所に時代の息吹が感じられ、調べ物も忘れて引き込まれてしまいました。
今度また時間を作って読破しようと思っています。

偶然とはいえ、チューさんのページに出会えたことを感謝しています。
ありがとうございます。また来ます。

http://ameblo.jp/technote2012/

 
    (管理人 チュー) 私のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。戦前,戦中、戦後、の時代のことは、今では遠い昔のことになってしまいました。私のホームページやブログがご参考になるのでしたら幸いです。  

挿絵をありがとうございました

 投稿者:サダサチコメール  投稿日:2013年 5月22日(水)23時17分15秒
  こんばんわ。
おかげさまで№35をUPしました。
挿絵のおかげで北朝鮮軍の南下侵攻の様子がよくわかります。
お知らせかたがたコメントしました。
ありがとうございました。
 

図の借用許可、ありがとうございます

 投稿者:サダサチコメール  投稿日:2013年 5月 1日(水)13時25分8秒
  図の引用掲載をご快諾いただき感謝しています。
お約束の件、引用を明記いたします。
題名は「ホームページ=チューさんの今昔ばなしと野菜ワールド」   で

http://www.h6.dion.ne.jp/~chusan55/   HP・TOPのURLはこれでよろしいでしょうか?

支障があればメールをくださいませ。
図を使わせていただく記事は、これから三回ほど後になると思います。
充実したあなた様のブログをゆっくりと読み進めているところです。
よろしくお願いします。
 

図 借用のお願い

 投稿者:サダサチコメール  投稿日:2013年 4月28日(日)12時16分24秒
編集済
  初めまして。
突然ですが、「朝鮮戦争のなか専攻模索」記事中の、「朝鮮戦争・緒戦での北朝鮮軍の南下侵攻図」を私のブログ記事中で転載させていただきたくお願いの投稿をさせていただきました。
私のブログは「言いたいことを言って死のう」です。ご指摘のようにURLではなく題名で記入しました。お借りした図などの出典やこちらのブログのURLの明記をお約束します。
お返事をお待ちしています。
 
    (管理人 チュー) あなた様のブログを拝見しました。私のホームページの画像・「朝鮮戦争・緒戦での北朝鮮軍の南下侵攻図」を引用掲載していただいて差し支えありません。私のホームページの題名を書いていただいて、そこからの引用であることを記載してください。リンクを貼られる場合は、私のホームページのトップページに貼ってください。  

教育勅語

 投稿者:坂本Q  投稿日:2013年 4月11日(木)23時20分39秒
  はじめまして
私も教育勅語を検索して、貴サイトを拝見させていただきました。
流し見ですが素晴らしいサイト!と思い感服いたしました。
昭和史も市井の目線での記述が目を惹きました。
野菜ワールドも野菜の話だけにとどまらない、自然科学や歴史、風俗や文学に至る造形の深さに驚嘆します。

そして、できれば“秀クリニック”HPのリンク集に追加するのを許諾していただきたいと思い、投稿させていただきました。
右とか左ではなく、ほんのわずかでも日本が良くなってほしい!そう願っております。
教育勅語のページとトップページ、2つを別々にリンク貼りたいと思っております。
ご許可いただけたら幸いです。宜しくお願い致します。

http://syu-cl.byoinnavi.jp/

 
    (管理人) 私のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。あなた様のホームページを拝見しました。
私のホームページの教育勅語のページとトップページの2つにリンク貼りたいとのご希望、差し支えありません。
 

こんばんは

 投稿者:flamenco  投稿日:2013年 4月11日(木)20時39分49秒
  こんばんは~
チューさん、お元気でしょうか?
久しぶりの訪問になってしまいました。
昨日で、娘も1歳になりましたよ・・・
また、時々、寄らせて頂きます!
 

日常の些細なことから、不思議な現象まで。

 投稿者:kogure☆メール  投稿日:2013年 3月26日(火)13時47分51秒
  はじめまして、こんにちは。
教育勅語を調べておりましたらこちらへたどり着きました。
現代語訳大変参考になりました。ありがとうございます。
私のブログの本文中にリンクを貼らせていただきましたので、お礼とご報告をと思い書き込みさせていただきました。
ご迷惑でしたらすぐにリンクを削除致しますので、報告が遅れましたことお詫びいたします。
日本が心豊かな人々で潤うことを祈ります^^
貴重なお話ありがとうございます。

http://star211.blog41.fc2.com/

 
    (管理人 チュー) あなた様のブログを拝見しました。私のホームページを引用していただいてありがとうございます。当方の希望通りにリンクしてくださっていますので、何も異議はありません。  

(無題)

 投稿者:hk  投稿日:2013年 3月 6日(水)18時32分21秒
  「野菜はどこから来たの ?」ページの記述について、
ダイコンは本当に日本原産野菜なのですか?
 
    (管理人) ダイコン原種の原産地には諸説あります。ご指摘のページにも、「ヨーロッパ原産説もある」と書いております。また、中央アジア原産説もあります。一方、日本に野生するハマダイコン由来という人もいます。日本原産説もあるということから、このページではひとまず日本原産野菜のひとつに加えています。  

「今昔ばなし」

 投稿者:rubyメール  投稿日:2012年12月22日(土)00時01分24秒
  はじめまして。

ホームページを検索していて偶然、チューさんのホームページにたどりつき、「今昔ばなし」を興味深く拝見させていただきました。

私は東京に就職し、60歳を過ぎ、自宅と職場を往復してきた生活の終わりが見えはじめた者ですが、チューさんの「今昔ばなし」の”青春の山道”以降に、なんとなく自身の思い出と重なるような懐かしさを感じながら拝見させていただきました。

平凡で人様に誇れるようなものはありませんが、私も自分の思い出をまとめてみようと思っています。

また立ち寄らせていただきます。ありがとうございました。
 
    (管理人) 私のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。私はたまたま昭和の始めに生まれましたので、戦前・戦中・戦後を身をもって体験してきました。私のホームページが何かのご参考になれば幸いです。  

秀吉の太閤踊り

 投稿者:ゆきまさメール  投稿日:2012年10月21日(日)22時34分45秒
  京都・東山で自宅前での瓢箪栽培を呼びかけを来春にしようと考えています。
そんな中でちゅーさんのホームページと出会いました。
秀吉ゆかりの地とは、知りつつも、しかりしたことを知らないまま京都で暮らしています。瓢箪に関心をもった繋がりで、少し秀吉と京都を知ってみようと思っています。

そんな中、秀吉が大仏を建立した際、大仏踊りを市民に踊らせ地固をしたって逸話を耳にしたのですが、太閤踊りについて何かご存知なことはないですか?
 
    (管理人 チュー) ご来訪ありがとうございます。秀吉が大仏を建立した際、大仏踊りを住民に踊らせたという話は聞いたことがあります。秀吉没後、この地に豊国廟を造り、徳川家康が豊国祭を行なったと聞いています。その後、徳川幕府は豊国廟を破却し、江戸時代が過ぎました。明治になって豊臣秀吉が復権し、豊国祭が行なわれるようになったそうです。豊国祭は昭和の始めまで行なわれていたようで、私の家の住み込み従業員たちが祭りに参加した写真を見た記憶があります。そのときの囃し言葉は「豊国さん、どえらいご遺徳」とのことを、子供のときに聞いた覚えがあります。細かいことは違っているかもしれません。
 

(無題)

 投稿者:C  投稿日:2012年10月21日(日)20時47分13秒
  教育勅語のページに少し間違いがあると思います。
別に大した間違いではないのですが、
「当時の大日本帝国憲法では凡テ法律勅令其ノ他国務ニ関ル詔勅ハ国務大臣ノ副署ヲ要ス
と定められていましたが、教育勅語は明治天皇ご自身が国民に親しく語られるお言葉であり、
国務に関する詔勅に該当しないものとして、国務大臣の副署を付けない勅語として発布されました」
とありますが、教育勅語が発布されたのは明治23年10月30日、
大日本帝国憲法が効力を発する「施行」はその後の明治23年11月29日なので
教育勅語には国務大臣の副署がそもそもいらないと思います。
 
    (管理人 チュー) ご指摘ありがとうございました。よく調べてみます。  

/8